【空気をきれいにチャリティ】カドー空気清浄機を初回設置

空気に困っている人々のために空気清浄機を無償提供する「空気をきれいにチャリティ」プロジェクトの第一弾として、神奈川県川崎市にある「北浜こどもクリニック」へカドー空気清浄機を設置しました。

20170530-1

*診察室の様子です。医師と患者様の間でポータブル空気清浄機に活躍してもらいます。

<空気清浄機をクリニックに設置しました>
 院長と相談しながら、お子さんが集まる待合室と授乳室、まさに患者であるお子さんと接する診察室の机に空気清浄機を置かせていただきました。
 お子さんと一緒にクリニックにいらしていた、お母さんにお話を伺ったところ、ハウスダストやアレルギーを持っているので子どものために空気のきれいな環境を作りたい、とおっしゃっていました。

20170530-2
20170530-3

*左は授乳室、限られた空間の授乳室でお母さんと赤ちゃんに快適な環境を提供します。
*右は待合室、診察を待つ子ども達を不安にさせない、楽しい要素がいっぱいの待合室の片隅で空気をきれいにします。

<北浜院長よりコメントをいただきました>
 人間が一番接しているのは空気。さらに当院は子どもが対象のクリニックなので、待合室などクリニック内の空気環境にはとても気を使います。
 今日導入したカドーの空気清浄機でよりきれいな空気を吸ってもらいたいです。
 また、当院は子どもたちを不安にさせない場づくりに力を入れているので、デザインも重視しています。カドー製品はとても部屋に合っていると思います。
20170530-4

<クリニックを訪れた患者様のお母様よりコメントをいただきました>
(お母様1)
「ハウスダストやアレルギーを持っていて、子どもに遺伝すると聞きました。空気は目に見えないので気をつけたいです。」
「これまで部屋に合う空気清浄機がなかったのですが、それと見えないようなデザインなのがよいですね。」

(お母様2)
「昔、自分自身が咳喘息の疑いがあったので、その時は喚起して気をつけていました。」
「子どもが生まれるときに、有難いことに親戚が空気清浄機を贈ってくれたので毎日使っています。」

(お母様3)
「私たちが花粉症なので、いつか自分や子どもかかるのではと少し心配しています。子どもが生まれてからは空気清浄機を使用して気をつけています。」

 小さなお子さんがいるご家庭では、特に空気に気を使っていることがうかがえました。当クリニックを訪れる患者様や医師やスタッフの皆様に、カドー空気清浄機で少しでも不安解消のお役立てとなればと思います。

<「空気をきれいにチャリティ」はまだ続きます>
 家電量販店などの店頭のサンプル品や倉庫に眠っていた空気清浄機を無償で提供し、空気に困っている人にきれいな空気を届けられないか、という思いでスタートしたこのプロジェクト。
 「空気をきれいにチャリティ」プロジェクトは今後も、病院やクリニック、福祉施設、動物病院など、ご提供先を募集しています。
 自薦・他薦問いませんので、ぜひ皆さんご応募ください。

【空気をきれいにチャリティ】詳細はこちらです。

entry