【コラム】油断大敵!食中毒を防ぐシーン別対策ポイント

0823_1

1年でもっとも食中毒が心配なこの季節。気温も湿度も非常に高く、菌の活動が活発な夏場は、他の季節以上に気をつけたいポイントがたくさん!以前、本コラムで「食中毒を防ぐ5つのルール」を紹介しましたが、今回は、買い物時から食後までのシーン別対策ポイントをご紹介します。


0823_2
◆買い物中は……

<肉や魚は分けて包もう>
生の肉や魚のパック、袋に付着した汁がつかないように、他の食品とは袋や包みを分けておきましょう。菌を広げないことは食中毒対策の大きなポイントです。

<寄り道禁止!>
この時期は買い物をしたあとに寄り道せずに、なるべくまっすぐに帰って冷蔵庫、冷凍庫に保管しましょう。冷蔵庫の庫内は7割程度に抑えるのが好ましいといわれています。

<冷蔵庫を過信しない>
細菌は10℃以下で増殖スピードが遅くなり、マイナス15℃以下で増殖が停止しますが、決して死滅するわけではありません。過信して入れっぱなしにしないようご注意を。

◆調理中は……
<生野菜は必ず洗おう>
袋詰めされたカット野菜であっても一度洗ってから使ったほうが表面に付着した菌を洗い流せるので安心です。手に付着した菌も食中毒の原因になるので手洗いもこまめに行いましょう。

<冷凍食品は自然解凍しない>
冷凍保存した食品を室温で解凍するのは細菌の繁殖を考えると危険度が高いので、チルド室に移して解凍しすぎないようにするか、電子レンジで一気に解凍しましょう。

<使用後のフキンやタオルは熱湯消毒>
毎日の習慣にすれば枚数も少なく短時間で煮沸できます。また手ぬぐいを使うのもおすすめ。吸水性や速乾性に優れ、高温多湿の日本で古くから愛されてきたのもうなずけます。

◆食後は……
<温めなおしは「中心」までの加熱が大事!>
目安は75℃で1分以上の加熱。中心部までしっかりと加熱するのがポイントです。ただし、加熱すれば全ての菌が死滅するというわけではないので、ニオイや見た目などが少しでも怪しいなと思ったら、時にはいさぎよく捨てる勇気も必要です。

<詰め替える容器も手も清潔に>
調理時や食事前にはしっかり手洗いをしていても、食後の残りものを片付ける時は意外と手洗いをおろそかにしていませんか。詰め替える容器も使用前に洗うか、除菌しておくと安心です。

これらのポイントを守りながら、除菌消臭器としても使えるカドーポータブル加湿器(MH-C11U)やカドー除湿機(DH−C7000)を使えばさらに安心!除菌・消臭モードなら、食中毒の原因ともなる細菌、ウイルスを瞬時に分解、消滅、除菌できます。
清潔なキッチンで作った食事をしっかり食べて、夏バテしない身体を作ってくださいね。