【コラム】夏旅に必携!旅先での時間をより快適にする2つのポータブル家電

cado_column_170719_top

いよいよ夏休み!今年の夏はどこにお出かけのご予定でしょうか。旅を快適にする家電としてオススメなのが、カドーのポータブルタイプの空気清浄機(MP−C20U)と、ポータブル加湿器(MH−C11U)。今回は2つの必携家電の効果的な使い方をご紹介します。


cado_column_170719_01
◆「ニオイ」が気になるときに

移動中の車内や旅先のホテルなど、この季節はエアコンをつけっぱなしで締め切っていることがほとんど。そうすると気になるのは、こもった空間に漂う「ニオイ」です。カドーポータブル空気清浄機は、車内のドリンクホルダーに収まるサイズながら、高性能な活性炭フィルターを搭載。嫌なニオイもPM2.5、花粉、ウイルス、カビなどを確実にキャッチします。滞在先にチェックインしたらお部屋の入口付近に置きましょう。人の動きで舞い上がったホコリやウイルスを瞬時にキャッチするので、室内のニオイや汚れの原因を持ち込みません。



cado_column_170719_02
◆「乾燥」が気になるときに

滞在先のホテルといえば、室内の乾燥が気になる人も多いのでは。加湿器を貸し出しているホテルもありますがやはり少数派。“持ち歩けるオアシス”な、カドーポータブル加湿器なら、どんな砂漠状態の室内も、またたく間に潤いをプラスします。近年、海外のホテルでも増えているUSB電源に加え、リチウムイオンバッテリーも内蔵しているので、たとえ電源がない場所でも使用可能です。お部屋の中で過ごす時間の長い、ベッドやソファの近くなどに置いておくのがオススメです。



cado_column_170719_03
◆「衛生状態」が気になるときに

別荘やキッチン付きのコンドミニアムに宿泊する予定なら、この季節は食中毒も心配のタネですよね。カドー加湿器MH−C11Uは、付属の除菌・消臭剤<ピーズガード>を使用すると、除菌消臭器へ早変わり。ノロウイルスやO−157などのウイルス、細菌に接触すると、瞬時に分解・消滅。ペットや赤ちゃんが一緒の旅でも安心して団欒できそうです。キッチンやリビングでは棚の上など高い場所に設置するとGOOD。空間全体にピーズガードを拡散させることができますよ。

最後に、番外編として「いつもと違う」が気になるときに。たとえば枕が違うと眠れないなんていう方は多いはず。マイ枕を持参するのはなかなか難しくても、代わりにいつもの「香り」を持参すれば、心安らぐかもしれません。カドーポータブル加湿器のアロマディフューザー機能を使って、森の香りでリラックス。ぐっすり眠って、翌日もたくさんの夏の思い出を作ってくださいね。