【コラム】お母さんにもお義母さんにも喜ばれる!失敗しない「母の日」ギフト

cado_column_top_170405

今年の「母の日」は5月14日ですが、もう母の日ギフトの準備はお済みですか?
日頃の感謝の気持ちを込めて贈るプレゼント。毎年のこととはいえ、特にお義母様に贈るとなると何が一番喜んでもらえるか、アレコレ考えてしまいますよね。そこで今回は、母の日に必ず喜ばれるプレゼントをいくつかご紹介します。


cado_column_1_170405
1. 王道にハズレなし!永遠の定番「花」
母の日といえばやっぱりカーネーション。お小遣いで初めてプレゼントした幼少時のことを今も覚えている方は多いでしょう。近年では花のスタイルも多様になり、そのまま飾れる鉢植えやフラワーアレンジメント、水やり不要のプリザーブドフラワーなど好みに応じて選べます。義理のお母様の場合、もちろんご本人に好みを伺えればベストですが、サプライズで贈りたいなら近しい方に好みをリサーチしてもらうのも手。ただし、白のカーネーションは亡き母に添える花なのでご注意を。プレゼントの相場はスタイルによらず3,000〜5,000円が一般的なようです。



cado_column_2_170405
2. いつまでも「綺麗」でいたい気持ちを応援!

いくつになっても綺麗でいたいのが女心。化粧品や香水も喜ばれますが、好みがわかれ、肌に合うかどうかも少し心配。そんな時におすすめなのがポータブルタイプの加湿器。美肌のために欠かせない「潤い」は年を重ねるとキープするのが難しいものです。カドーのポータブル加湿器MH−C11Uは持ち歩きできるバッテリー内蔵型。いつでもどこでも潤いをチャージできるうえ、専用のフォレストウォーター(*)を併用すればアロマディフューザーとしても使える優れモノ。仕事や家事の合間に心地よい香りでリラックス。「ありがとう」と「いつまでも綺麗でいてね」の両方の気持ちを込めてプレゼントできそうです。



cado_column_3_170405
3. 何を贈る時にも必ず添えたい○○

お花や美容アイテムといった定番の贈り物はもちろん、どんなプレゼントを贈る時も必ず添えたいのが「メッセージカード」です。長い手紙でなくても達筆でなくても問題なし。一筆箋や小さなカードに一言手書きの言葉を添えれば、あなただけの特別なプレゼントの完成です。メールやSNSが発達した時代だからこそ、手書きの言葉はいっそう響くはず。

日々感謝はしていても、いざその気持ちを伝えるとなると照れくさいものですが、こうしたイベントや記念日はそのハードルを下げてくれる絶好の機会。恥ずかしがらずにぜひ素直な思いを伝えてくださいね。

column0324_05

*フォレストウォーター:カドーオリジナル 森の香りのアロマウォーター