デキる大人のたしなみ「お中元」をマスターしよう!

cado_column_170621_top

上半期にお世話になった方へ感謝の気持ちを込めた夏のギフト「お中元」。大人のたしなみだからこそソツなくスマートに贈りたいですよね。今回は夏のご挨拶「お中元」のマナーについてご紹介します。


cado_column_170621_01
◆贈る「時期」は地域によってバラバラ

お中元を贈る時期は地域によってかなり異なります。では、自宅から離れた地域に贈る場合はどうすればいいのでしょうか。そんな時は相手の住む地域の慣習に合わせましょう。もし関東在住の方が、九州在住の方に贈る場合は、九州の慣習に合わせて8月上旬に贈ればOKです。

<早い地域> 東北・関東・沖縄…7/1〜7/15頃
<長い地域> 北海道・東海・関西・中国・四国…7/15〜8/15頃
<遅い地域> 九州…8/1〜8/15頃

もともと時期の早い関東ですが、近年では首都圏を中心に6月下旬に贈るという人も増えています。早めであることに越したことはありませんが、ネットやデパートのお中元商戦を見ていると、限定モノや早期割引なども盛んで、つい気が急くのもわかるような気がしますね。



cado_column_170621_02
◆贈る「相場」は3,000〜5,000円が主流

お中元の相場は一般的に3,000円〜5,000円。1回限りのギフトではなく、毎年のご挨拶として目上の方に贈る慣習なので、高価すぎるモノや、毎年価格帯を変えるのは避けたほうがいいでしょう。かつてこの時期のTVCMで、お中元を持って訪問した玄関先で「ハムの人」と呼ばれてしまう、というものがありましたが、毎年同じギフトを贈る/いただくというご家庭も多いのでは? それはそれで安心感があって良いものです。また、ご夫婦でお互いの両親に贈る場合は、価格帯などの足並みを揃えておくと安心ですね。



cado_column_170621_03
◆贈る「ギフト」は夏らしい食品が定番人気

お中元の定番といえば、ビールやジュース、コーヒーなどのドリンク類、季節のフルーツ、清涼感のあるスイーツ、そうめんなど、夏にうれしい食料品が多いでしょうか。皆さんの中にも、子供の頃、夏休みが始まる頃に届くジュースやゼリーの詰め合わせに胸を躍らせた経験があるかもしれません。お子様の多いご家庭ならスイーツ、お酒が好きなご夫婦にはビールなど、プレゼントを選ぶ際は、相手の好みに加えて家族構成も考慮すると選びやすいかもしれません。

ところで、贈るタイミングを逃した時は、「残暑見舞い」として贈れば、お盆を過ぎてからでも問題ありません。ただし、目上の方には「残暑見舞い」ではなく「残暑御伺い」で。目上の方に「ご苦労様です」とは言わないように、見舞って労をねぎらうのは失礼にあたるため「うかがう」のが礼儀です。
お中元を贈ったりいただいたり。これが夏の風物詩になっているあなたは、きっと立派な大人。マナーを守ってさらなる素敵な大人の階段を上っていってくださいね。

column0324_05